囲碁

将棋のアマがプロに・・・

テレビでもネットでも話題になっているけど、35歳の将棋のアマ瀬川さんがプロ試験に編入合格をしたそうだ。
一言「良かった」と思う。

私が初めて彼を知ったのはみんなも同じだと思うけど去年「アマがプロに勝った!」と新聞報道されたときだった。
あれはセンセーショナル事件として報道された。
元来、プロとアマの差は歴然で、絶対に勝てないように言われてきた。
が・・・アマが勝ったので大騒ぎ。
実際に負けたプロも、実力者だったし。

その人がいきなり「プロ試験」を受けていたというから驚いた。
しかも・・・35歳で。
囲碁も将棋もプロになるには年齢制限がある。
それを飛び越えて、サラリーマンとしての安定した生活を捨てて、どう転ぶかもわからない棋士になるなんて・・・。
子供のころからプロに足を突っ込んでいるならいざしらず、いい大人になってからするなんて・・・。
こういっては申し訳ないが、「将棋棋士」よりも「サラリーマン」のほうが・・・・と思ってしまう。
なんか人事ながら心配してしまった。

そういえば囲碁にも「医者から棋士」になった人がいたなぁ・・・。
こちらも人事ながら
「せっかく必死で医者になったのに、それを捨てて不安定な棋士になるとは。親は泣いているぞ!」
と勝手に思った経験がある。
やっぱり人は夢を捨てられないのだろう。
まぁ、10代で「プロ」になって、その社会しか知らない、ドロップアウトが効かない・・・というのも、これまた特殊な世界だとは思うが。
ともあれ、彼が「大願成就」したのは良かった。
プロに恋焦がれてなれたんだから、本当に良かったともう。
まぁ、周りの同じプロの棋士たちの目は厳しいとは思うが・・・。
頑張ってほしいと思う。

ちなみに!
彼のプロ試験の相手となったひとりに「去年その人に負けたプロ」が入っていた。
一流棋士としてアマの彼に雪辱し、面目躍如となった。
彼は・・・その後お正月のNHK「将棋特別番組」を見たのだが、そのときものすごくヒスを起こしていた。
ペア将棋(男女一組)で、トーナメントを戦うというのをしていたのだが、一緒に組んだ女流棋士が思い通りに事を進めなかったらしく、テレビであるにもかかわらず、真剣になってヒスを起こして、怒っていた。
勝負に厳しいというのか、遊び心がないというのか。
これは勝負師たるゆえんなのか・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そんな私だが・・・・

今週はなにやら体調を悪くしそうな予感。
なんか・・・疲れているし。

昨日「全く勉強していない」という私だが、こんな私にもインドアの時の趣味がある。
それは!
「今日の土曜日は何もすることがない!」というときは、自慢の(?)ケーブルテレビを見ることだ。
土曜日の午前中から夕方までしっかりとテレビを見る。
それも・・・・「NHKの地上派デジタル」(笑)
「過去の将棋の名人戦」を放送していたりするのだ。
しかもしつこく(?)1日分を8時間かけて。
将棋の名人戦は最高峰のために、しつこく放送しているらしい。
1日目午前、1日目午後、2日目午前、2日目午後を各2時間。
それにおまけもくっついてくるからさらにすごかったりする。
結構長い時間放送しているのだ。

いや・・・正直私は将棋はよくわからない。
囲碁もわからないけど、同じくらい将棋もわからない。
じゃあ何が良くてそんな長い時間を見ているのか?
素人が盤面を見てもその局面がどうなのか判断がつかない。
そのために「大盤解説」というのがある。
大きな将棋盤を使って、プロが今の状況を解説してくれたりする。
それを見るのが面白い。
将棋のプロの中には、「本当にプロは将棋ですか?おしゃべりのほうじゃないですか?」というくらい面白い人たちがいる。
それを見るのが楽しかったりする。

それともうひとつ!
囲碁や将棋の大きな棋戦は地方の有名ホテル・旅館ですることが多い。
そう、その土地の観光地でする。
そのおかげでそのあたりの様子やホテルのことがわかったりする。
それを知るのが楽しかったりする。
それが楽しみでついつい見ちゃったりする。
今日も・・・伊豆の海を写していたけど、なかなか良かった。

と思ったら、今日で「将棋の名人戦」はおしまい。
途中から「囲碁の本因坊戦」になった。
ちなみに会場は「大宰府天満宮」だった。
これはこれでまた楽しみじゃないか!
が・・・・やっぱりいくら見ていても内容がよくわらない。
そのうち理解できるようになるんだろうか?
本当に怪しいもんだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勉強するのに遅くはない!

私の友人Aはパソコンの勉強をしている。
今まで業務に関係ないために、ほとんどパソコンをいじったことがなく、それ故に一般のOLさんと比べるとパソコンのスキルが低い・・・と本人は思っていた。
そのために学校に行き、猛烈に勉強している。
まだ学校に行き始めて半年と経っていないが、その学習意欲たるやものすごい。

私の友人Bは将棋の勉強をしているそうだ。
といってもそれは当然仕事とは関係なく「たしなみ」としてだが。
月2回の学校やイベントに行ったりして楽しんでいるそうだ。

かくいう私・・・何もしていない。
最近はパソコンの勉強もしていないし、ハングルもおろそか。
囲碁も・・・・全然本も見ていない。
大反省だ。
みんな周りはがんばっているのに、私だけが全然頑張っていない。
遊んでばかりいる。
仕方のないことだ。
こういう頑張っている人たちを見ると、本当に勇気が出てくる。
そして自分が恥ずかしくなる。
本当に私っていったい・・・・。
地道に頑張ろう・・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

勝てないのかなぁ・・・

今日「囲碁NHK杯」の決勝戦だった。
「張 栩 名人・本因坊」対「依田 紀基 碁聖」だし。

去年ね、囲碁界での大きな棋戦「名人戦」と「本因坊戦」のふたつでこの二人は戦ったのよね。
で・・・名前の後にくっついているのを見てわかるとおり、若い張 栩さんが勝ったの。
台湾の出身で、でももちろん子供の頃から日本に来ているから、日本語もうまいよ(笑)
というか、はっきり言って、日本人なんだよね、私からすると。
先週対局していた「趙治勲二十五世本因坊」も、本人は韓国人だと思っているかもしれないけど、私からすると日本人と一緒で・・・まぁ、早い話が、日本棋院に属している以上は、みんな同じってことだね。

で・・・結局勝ったのは「張 栩 名人・本因坊」でした。
去年から「依田 紀基 碁聖」に3連勝だよ。
こりゃ・・・笑いが止まらないね(笑)

対局が終わった後、表彰式があった。
それがね・・・言っては何だけど、子供大開の方がずっと立派だと思えるくらい、寒々しい表彰式でね。
おまけにインタビューも寒いの。
一生懸命アナウンサーさん(「その時歴史が動いた」の人だと思った)が盛り上げているのはわかるんだけどね。
優勝した本人は「実力以上の成績を収めることができました」なんて、謙虚に言っていたよ。
準優勝者にも聞いてみると、「自分の可能性を確かめたいと思ったので、ここまでこれて満足」なんて・・・言っていた。
にしても・・・寒波のような表彰式だった。

で・・・・最後に思うんだけど、依田さんは今後張さんに勝てるんだろうか?
どーよ!って思ったよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

棋聖戦

囲碁の棋聖戦があった。
棋聖戦は、一応囲碁界の最高峰棋戦で、7番勝負で4つ先取すると「棋聖」を名乗れ、また棋界序列一位となる。
野球の日本シリーズと一緒ね(笑)

で、今回は3勝3敗で最終戦までもつれ込んだ。
しかも1局を2日で行う。
16・17日と二日間あって、見事「棋聖初防衛」をしたらしい。
おめでとう、羽根棋聖!
(*゜▽゜ノノ゛☆パチパチ

まぁ、結果はこんなもんなんだけど、何というのかね・・・。
私のような超ド素人は、棋譜を見せられても何がなんだかわからないんだよね。
それを「これはこんな碁でした!」なんてとても感想が言えないの。
できれば生中継で見たいんだよね、NHKのように。
まぁ、生中継で見たら「理解できるのか?」と問われたら、それはまた別問題。
でもでも、ちゃんとプロの解説の人が説明してくれるから(笑)

でも、棋戦があるのはたいてい平日、普通の日。
私なんて、会社で働いている時間だよ。
ということで・・・昼休みに泣く泣く途中経過を見る程度。
悲しいねぇ~~。

まぁ、いいや!
また日曜にNHK杯を見るから!
今度は決勝?
ゴールデンカードの組み合わせだから、楽しみだね!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日の囲碁は燃えたぞ!

今日・・・午前中に起きて、ご飯を食べて、それから昼寝をしようと企んでいたんだよね。
が・・・時間を見ると正午過ぎ!
(・・。)ん?
これはいつもの「囲碁の時間」を見ねば!と思った。
で・・・大したことのない(をい!)組み合わせだったら、そのまま寝ちゃおうと思ったんだよね。

ところが!
見てみると「準決勝」で、しかも「依田紀基碁聖」vs「趙治勲二十五世本因坊」という、私は今まで見たことのない強豪の二人じゃないか!
w(゜o゜)w オオー!これはすごいぞ!
と思って・・・早速見ることにした。

内容は緊迫していた(O.O;)(oo;)
といっても、私は相変わらず「形勢判断」はできないし、「内容が理解できない」んだけどね。
でもね、最初から持ち時間を使いまくったり、その一方で相手が打っているそばから、ビシバシ石を置いたりして、そりゃすごかった。
今まで見た中で一番「すごい!」と思ったよ。

結果は「依田紀基碁聖」の5目半勝ちだったけど、ベテランの解説者さんも中盤では先がわからないほどだった。
結構細かい碁だったみたい。
それだけ・・・勝った碁聖の読みがすごかったってことなんだろうなぁ。

ということで、決勝は「張 栩 名人・本因坊」対「依田 紀基 碁聖」の戦いになった。
去年の・・・名人戦、本因坊戦と同じカードじゃないか!
まさに頂上対決!
よぉ~~し、ここでチャンスだ!
3度目の正直で、碁聖はなんとか雪辱をするのだ!

にしても・・・気になるのが、「依田 紀基 碁聖」なんだよね。
この人、まだ30代らしいんだけど・・・・なんかもっと大人に見えるよ!!
ヽ(。_゚)ノ んばば んばんば (爆)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今日はカスパロフなの?

一昨日岡部が引退したと思ったら・・・・今日はチェス世界チャンピオンのカスパロフが引退してしまった。
まだ41歳だって。

最近囲碁を勉強し始めた私。
チェスは更にそれよりも後にいろいろとルールを知り始めたけど、その私だってカスパロフのことはずっと前から知っている。
あのスパコンのディープブルーと戦った人だよね?
あの時は世界中が注目していたもん!

正直・・・囲碁はアジアだけで盛り上がっているし、将棋は日本だけ。
それに比べると、日本ではいまいちだけどチェスは全世界でものすごい競技人口がいる。
そのせいだろうか?
お金と人が多く絡んでいるせいか、開発や研究が進んで、そろそろ人間よりもコンピュータのほうが強くなってきている。
囲碁や将棋は・・・・それほどお金や人が多く関っていないせいか、まだまだ人間のほうが強いみたい(^-^;
世界的に競技人口の多いチェスと違って、日本では正直衰退気味の囲碁と将棋だけど、そのうちコンピュータの方が強くなるんだろうか?

そういえば・・・あの天才フィッシャーも日本にいたんだよね?
どうしているんだろう・・・元気なんだろうか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地道にやるか・・・

と言うわけで(どんなわけで?)、また真面目に囲碁の勉強をコツコツと始めることにした。
だってだって・・・日曜日の午後の「NHK杯」の対局を見ても見ても、全然内容がわからないんだもん・・・。

「15級を目指す」という本を持っているんだけど、途中までしか見ていなかった。
すっかり忘れてしまったので、最初から見てみた。
すると・・・・
「(・・。)ん?なんか覚えているぞ!」
一度見たところは結構覚えているもんだ。
すぐに解ける。
一回目に見たときは全然わからなかったり、長い時間考え込んでしまったりしたのに。

(*'‐'*) ウフフフ♪
そうなると気持ちがいい!
こりゃ気分爽快だわい!
また少しずつだけど勉強することにしよう。

全く・・・去年某囲碁マンガにはまったのが運の尽きだった。
まさか「子供が囲碁を打つマンガ」がここまでおもしろいとは夢にも思わなかったよ。
それ以来、いろいろと囲碁を見るようにしているけど、今持って全然理解できない。
好きなのにわからないと言うのは・・・寂しいもんだ!

| | Comments (4) | TrackBack (1)

囲碁よりチェスの方が向いている?

(;>_<;) エーン
今日とてもつらいことがわかりました。
どうも私は・・・囲碁に才能がないようです。
どちらかというと、今日ふと見たばかりの「チェス」のほうが理解できるみたいです。

囲碁にも将棋にもチェスにも棋譜というのがあって、今はJAVAでクリック一つでそれぞれ動くのを見られたりする。
それを見ていると・・・正直囲碁は何のこっちゃか全く理解できない。
どっちが優勢とかもわからないし、どうして途中で中押し(一方が投了して終わること)したのかも全然わからない。
でも、今日生まれて初めてチェスの棋譜を見た。
あの将棋の羽生さんの棋譜なんだけど・・・それは何となく理解できたんだよね。
子供の頃に少しだけ将棋をしたことがあるせいかな?
だが・・囲碁は勉強しても全く全然わからない。
(〒_〒)ウウウ どうしてだろう?
一言「頭が悪いから」と言われたらそれまでだけど・・・。

もう本当にわからないよ。
いつか・・・理解できるようになる日が来るんだろうか?
というか、ルールはたったの5つしかなくて単純なゲームなのに、それから「できる」ようになるまで難しい囲碁っていったいどうよ!
どうして囲碁は打てるようになるまでに、こんなに時間がかかるのさっ!
誰か!!教えてぇ~~!!!

| | Comments (6) | TrackBack (0)

日本棋院理事長・加藤正夫さん死去

(;>_<;) エーン
ものすごいショックだよ。
囲碁のプロを束ねる日本棋院の理事長の加藤氏が亡くなったらしい。
(ノ_<。)うっうっうっ

脳梗塞で入院していたのは知っていた。
その後何の情報もなかったけど、まだ57歳で若いし、それほど重病って話もなかったので、直に復帰すると思っていた。
なのに・・・・年末にグスグス (><。)。。

私も囲碁を知ったのは最近だし、昔の棋士も今の棋士もあまりよく知らないんだけど、この人は知っていたんだよ。
棋風とかはわからないんだけど・・・。
タイトルもいっぱい取った人だし、梅沢先生の師匠でもあるし。

前理事長のJAL出身の利光さんも不幸があったばかりだし、日本棋院は赤字体質で改革して行かなくてはいけないことばかりだし、そういう執行部で忙しいのもあったのに、対局も忙しかったようだし。
1月末にNHK杯で、今をときめく名人本因坊との対局を楽しみにしていたのに。
(なにげに、毎週日曜日の昼から、NHK教育の囲碁番組を見ている私なのだ)

今日は「スマトラ地震の津波の被害者が10万人」とか「奈良女児殺人犯逮捕」とかいろいろなニュースを朝から見ていたけど、これが一番ショックだった。
ものすごいショックだった。
年末に・・・・つらいニュースだ。(ρ_;)ヒックヒック

| | Comments (0) | TrackBack (3)

より以前の記事一覧