スポーツ

スポーツクラブの効果4

スポーツクラブに通い始めてそろそろ半年になる。
特に目に見えた効果はないのだが、なぜかスポーツ嫌いの私が続いている。
やはり年齢とともに体力が落ちたことが一番の原因だろう。
若いころには何でもなかったことが、今では全然できていない。
このまま衰えるのが恐怖ですらある。

そのため、私は身内にも「スポーツクラブ通い」を勧めている。
多分本人たちは「若いころと同じつもり」でいるのだろう。
何もしてないので、確実に同年代のスポーツクラブに通う人たちには大きく体力は負けている。
親子ほど違う私ですら、その人たちのパワーにはついていけない。
それほどスポーツクラブに通う年配者はアグレッシブだ。

身内には、温泉スパもあるスポーツクラブを勧めている。
初めからマシンやスタジオはとてもできない。
トラウマになってすぐに止めてしまうだろう。
とりあえず「スポーツクラブ通い」の習慣をつけ、「スパでチャプチャプ遊ぶ」ことからで良い。

かくいう私も、実はスポーツクラブを変えることを検討している。
今行っている施設は、価格やプログラム内容は悪くない。
施設が古いのも我慢できる。
しかし、やはり希望としては

・お風呂が有無(家でお風呂に入る手間が省ける)
・場所の利便性(会社の途中にあるが、電車乗換えや駅から微妙に遠く行きにくい

のがネックになっている。
もっと家からも近い、駅近でお風呂がある施設を考えている。
「春の入会キャンペーン「などあったら、すぐに検討しようと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スポーツクラブの効果3

去年6月からスポーツクラブに通っている。
そして、今でも通い続けている。
去年6~9月期間限定のはずだったのにおかしいなぁ・・・・。

10月には新しい水着を買ってしまい、また新たにフィットネスシューズを買うことになった。
去年までは
・マシン
・アクアビクス
・ピラティス

の3柱だったが、今年に入ってからは
・ステップ(踏み台昇降)
・アクアビクス
・ピラティス

をするために何と週3回も会社帰りにスポーツクラブに通っている。
そのステップだが、靴が安っぽいせいか、どうも足腰に余計な負担がかかっている。
ということで、多少の出費ではあるが、高い専用のシューズを買うことにした。
MIZUNOの靴だが、これならばっちりだろう。
ますますスポーツの渦にはまって、散財している。
なんか変な気もするが、まぁ気持ちがやりたいようなので、このまま突き進むことにしようと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

箱根駅伝青学完全優勝

今年も毎年恒例の箱根駅伝を見た。
現地にまで行っては見ないが、テレビで観戦している。
今年は天気も良く、暖かかった。

去年、驚異的なタイムで優勝した青山学院が、今年は1区からトップでそのまま優勝した。
逆転の無い駅伝を見たのは初めてだ。
それもそのはず、39年ぶりの完全優勝とのことだった。

去年まで、駅伝で青学のイメージは全くなかった。
私の中では無名だった。
しかし、今年は完全優勝。
3代目山の神 神野大地も4年生で出場していた。
メンバーが変わってしまうが、来年どのような戦いをするか楽しみにしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴールドシップ引退

この4年ずっと応援していた競走馬ゴールドシップが引退した。
有馬記念が最後のレースだった。

4年前に見たときは「来年の三冠馬だ!」と確信した。
見たこともないレース運びで私は度肝を抜かれた。
すごい馬を見たと思った。
結果、2冠馬だった。

そのレース以来、ずっとファンだった。
結果G1を6勝し、強いは強いが、わがままで性格も癖のある馬だった。

今回の有馬記念、やはりペースが向かなかったし、年齢的衰えもあったと思う。
3歳の時は似たようなことをして、1着だった。
そして何よりも、この秋になって大人しくなった。
闘争心が薄れたのだろう。
ゲートを嫌がったり、ゲート内で立ちあがって暴れるくらいがこの馬には良かったのだろう。
秋になって、すっかり大人しくなって、心配だったくらいだ。

無事にレースを終えてくれた。
それだけで十分だ。
今までならゴールドシップのレースは、数日前からドキドキしたが、秋2戦は全く何も思わなかった。
「ただグルっと無事に回ってきてくれればよい」と思ったからだ。
そしてその願いはかなった。

4年間ありがとう。
私にとっては、本当に楽しい思い出をくれた馬だった。
大きな怪我もなく無事に走り終えた。
「無事是名馬」の代名詞で、成績もすごい馬だった。
数年後出てくる子供も、似たような子がいたら嬉しいなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

すぐには良くならないすぐには悪くならない

これは私が複数の人に言われた「健康」の言葉だ。

体と言うのは、良いものを食べて、健康法をしても、すぐには良くならないとか。
逆に、暴飲暴食、運動不足をしても、すぐには悪くはならない。
良くも悪くも生活習慣だということだ。

どうしてこういうことを書くかと言うと、私は今年はいっぱい野菜を食べているし、歩いている。
2月からは地元の温泉にも行ったり、6月からは週2でスポーツクラブにも通っている。
それなのに、目に見えて「すごく効果が出た」とはならない。
どうしてだろうと思う。

きっと体の中では、体が変化する兆しが出ている・・・とは思っているが、やはり目に見えて何か効果が欲しい。
どうしてこうも変わらないのか不思議で仕方がないが、そういうことらしい。
今年健康のために使ってきたお金・・・無駄ではないと信じたい。
しかし、それにしても・・・だ。
そのうちきっと良いことがあると信じて、これからも頑張ろうと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

スポーツクラブの効果2

今年6月から始めたスポーツクラブ通い。
「9月まで」と期限を定めていたのだが、ついずるずると延びていまだ通っている。

入会したばかりの6月と、終えようと思っていた9月にインボディ(体成分分析)をした。
わずかではあるが、体重が減って、体脂肪が減って、筋肉がついた。
本当にわずかだった。

トレーナーや栄養士曰く
「勝負は秋から冬」などと言っている。
夏は、汗をかいている分、代謝が上がっていると思いきや、気温が高いだけで、本人の代謝は低いのだそうだ。
あということで、まんまとそのまま続けてしまった。

7月~9月のプログラムを終えて、また9月~12月のプログラムに申し込んでしまった。
前回と同じく、アクアビクスとピラティス。
どっちも曜日時間講師が同じなので申し込んだ。

12月のインボディの結果も入れて、1月からのプログラムに申し込もうか迷っている。
少しは効果が出ていると良いのだけど。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

スポーツクラブの効果

実は6月からこの2カ月、週2~3の割合で、スポーツクラブに通っている。
以前も通っていたが、今度はもう少し本格的に頑張っている。
「形から」入るために、スポーツウェアと運動靴を買ったくらいだ。

最近は曜日によってプログラムを入れている


マシン+水中ウォーキング

アクアビクスと水中ウォーキング

マシンとピラティス

などと会社帰りにコツコツ通っていた。

しかし!
すぐに目に見える効果はない。
これでいろいろな数値(特に体重)が激減すると思いきや、全くそうではない。
2カ月して全く効果なし・・・と半ばあきらめていた。

すると、2カ月ぶりに[スポーツクラブに通う前に会った人)から、
「小顔になった。
 むくみが取れたのでは?」
と言われた。

言われてみるとそうかもしれない。
体重は変わっていないようだが、半そでのシャツを着ても、二の腕に痕がつかなくなった。
もしかしたら、あまり気がつかない細かいことから変わっていくのかもしれない。
とりあえず、あと2カ月や続ける予定だ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

有馬記念

競馬の1年の総決算、有馬記念が終わった。
見た感想は、正直がっかりした。
馬券は買ってないが、見ていただけでも消化不良だった。

買った馬は強いし、勝者は常に称賛されるべきだ。
しかし、ペースは遅いし、何よりも勝ってもおかしくない馬が、騎乗ミスをした。
「枠のおかげ」「枠のせい」と言われたらそうかもしれない。
しかし、それでも騎乗ミスは否めない。
スローペースはレース前からわかっていたこと。
なぜあんなことになったのか。

ゴールドシップとジャスタウェイは本当に気の毒だった。
特にジャスタウェイは引退レースだった。
そして、子の戦績では「中山2500m向かなかった」と言われるかもしれない。
そんなことはないと思う。
どのコースでも凄かったし、有馬記念だって勝っておかしくなかった。
ゴールドシップだってそうだ。
騎手がきちんとペースを読んでいれば勝っていた。

両馬ともに同じ調教師の管理場だ。
私が調教師だったら、どっちの騎手にも鉄拳制裁をしたかもしれない。
馬は両馬とも、全力で頑張っていたし、絶好調だった。
それだけに、騎乗ミスが悔やまれる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ジャパンカップ(競馬)

今日は競馬のジャパンカップだった。
ほぼ日本の最高メンバーが揃うし、前々から楽しみにしていた。
外国馬がたいしたことなくて、日本馬ばかりなのは残念だったが、それでもNO,1を決めるのにふさわしいレース。
特に応援している馬がいなくても、わくわくした。

勝ったのは去年の菊花賞馬。
菊花賞は「一番強い馬が勝つ」と言われている。
道中かかりっぱなしで、無理かな・・・と思ったが、さすがに外国人騎手はうまかった。
きちんと押さえて、好位から抜けて、4馬身差の圧勝だった。
人気上位場は、実際の着順でも上位に来た。
パンパンの良馬場じゃなかったのは残念だったが、多分実力通りなのだろう。

今年の4歳馬、去年のクラッシックホースたちは弱いかな・・・と思ったらそうでもなかったのか?
今年の3歳馬のほうが弱いのか?
まぁ、それは来月の有馬記念でわかるだろう。
どの世代が一番強いのか。
次はゴールドシップも出るし、楽しみだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NHK杯 フィギュアスケート

フィギュアスケートNHK杯に、羽生選手が出た。
先日、上海での直前公式練習中に接触事故があって、それでも出場して2位になった。
当然今回は見送りだろうと思ったら出てきた。

正直、信じられない。
NHK杯は休んで、来月の全日本に合わせてくると思っていた。
彼は全日本、オリンピック、世界選手権の3大会のディフェンディングチャンピオンだ。
今年は全休でもいいくらいなのに、まだ怪我が完治してないのに出てくるなんて・・・。

まだ10代で若いから、自分に過信しているとしか思えない。
誰かが強要しているというよりも、自分の固い意志なのか。

結果、精彩を欠いて4位だった。
正直メンバーを見ても、1位で不思議ではなかった。
やっぱり怪我が完治してないのだろう。
「これが実力」と言っているが、去年の成績を見る限りどう考えても違うのは明らかだ。

全日本にも出てくるのかな?
昔フィギュアをしていた本田選手が、他に選手がいないために枠を取るためにかなり無理をして消耗して引退が早かった気がする。
そうなりそうで怖い。
無理しなくていいから、今年は全部休んでもらいたいと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧